So-net無料ブログ作成
前の3件 | -

リオのカーニバル、2013年の優勝はビライザベル ブラジル・リオ [カーニバル 南米]


【2013年02月14日】ブラジル・リオデジャネイロ(Rio de Janeiro)のカーニバル・2013年はパレードの大トリを飾った「ビライザベル(Vila Isabel)」が3度目の優勝を果たしたらしい。
2月13日、トップ12チームによるサンバコンテストの結果が発表されたようです。

主会場のサンボドロモで2夜にわたって繰り広げられたサンバコンテストでは、40人の審査員が「音楽」「ダンス」「振り付け」「創造性」などを審査したらしい。
ビライザベルは、ダンサー3800人、豪華な山車7台で臨み、299.7点を獲得して、優勝したという。
ビライザベルは、65年の歴史を持つ強豪チームのようです。
写真は、優勝したビライザベルのダンサー。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

世界各地でスーパームーンが神秘的風景 ギリシャ [景色 スーパームーン]


【2013年06月24日】世界各地で23日、「スーパームーン(Supermoon)」が観測されたようです。

スーパームーンとは、月が地球に最接近した位置で見られる満月のことで、このとき地球との距離は約35万7000キロメートルまで近づく。
そのため月は普段よりも14%大きく、30%明るく見えると言う。

写真は、ギリシャ・アテネ(Athens)から約65キロメートル南方のポセイドン(Poseidon)神殿のそばに輝くスーパームーン。
美しい黄金色に輝く、大きくて明るい満月です。

確かにこれは神秘的風景ですが、ポセイドン神殿と月を見ていると荒城の月を連想してしまいます。

因みにポセイドン(Poseidōn)は、ギリシア神話の海を司る神のようです。
最高神ゼウスに次ぐ圧倒的な強さを誇り、全大陸はポセイドンの力によって支えられていると言う。また、地下水の支配者で、泉の守護神とされる。

今から最も近い時期に観測できる次のスーパームーンは2014年8月のようです。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

史上最古の銀河を観測、ビッグバン直後の原始宇宙 [最古の銀河]


【2012年12月13日】米航空宇宙局(NASA)の天文学チームは12日、宇宙観測史上最古となる約133億年前の銀河を観測したと発表したもよう。
この度の観測により、ビッグバン(Big Bang)直後の原始宇宙の様子を垣間見ることができるという。

写真は米航空宇宙局(NASA)のハッブル宇宙望遠鏡(Hubble Space Telescope)が撮影した、宇宙観測史上最古の銀河の1つを写した画像。
かすかに写る赤い点がこの度発見された銀河らしい(2012年12月12日提供)。

新たに観測された7つの銀河は、宇宙全体が現在と比べてわずか7%の大きさしかなかった頃のものだという。
7つの銀河のうちでも最古のものは、ビッグバンの発生から約3億8000万年後の約133億年前に誕生したとみられるという。

約137億年前の宇宙誕生から約3億8000万年しか経過していない宇宙の『夜明け』の頃に生まれた最古の銀河。
ハッブル宇宙望遠鏡を用いて行った非常に綿密な観測による「超深宇宙領域(UDF)」と呼ばれる領域での観測だと言う。

この頃の銀河は現在のものよりも約1000倍も高密度であることが分かったらしい。
この観測により、科学者らは宇宙の起源の解明に一歩近づいたと言える。ますます期待が高まる。

しかし、今から約133億年昔の銀河の姿を観測したということは、133億年前に発光した銀河の光をハッブル宇宙望遠鏡が捉えたということなのか?そうでなければ、撮影できるはずがないと思うのだが。
つまりハッブル宇宙望遠鏡と133億光年離れている銀河の光を捉えたということになる。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の3件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。